お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

介護保険

「公的介護保険」とは?

介護を考える場合、要介護状態にならない健康づくりが何よりも大切ですが、もし介護が必要となった場合どうしたらよい
のでしょうか?
まず第一に頼るべきは、社会保障制度の「公的介護保険」です。

「公的介護保険」とは?・・・40歳以上の人が全員加入して介護保険料を納め、介護が必要になった時に所定の介護サービス
が受けられる保険

・公的介護保険の対象者〜誰がサービスを受けられるのか?〜
 

65歳以上の方が介護が必要になった場合は、原因にかかわらず介護サービスを利用できますが、40歳〜64歳の方は、
末期がんや初老期による認知症などの特定疾病の場合を除き、病気や事故などで介護が必要となった場合でも介護
サービスは受けられません。


・要介護度別の身体状態の目安、在宅サービスの支給限度額の目安
 

上の表のように、利用できる介護サービスの内容は、訪問入浴介護等の自宅に居ながら受けられるサービスや、デイケアなど
施設を利用して受けるサービス等様々用意されています。
また、利用料も1割負担と、比較的受けやすくなっています。

ただし、要介護度ごとに利用限度額が設定されており、その額を超えてサービスを受ける場合や、食費・滞在費、介護タクシー
の利用、おむつ、レクリエーション代などの介護保険適用外の費用に関しては、全額自己負担になります・・・。

これらの費用は往々にして長期間にわたり、大きな負担になっていきます。しかも、公的介護保険にしても、今後の財源確保が
困難であることから、介護サービスの自己負担額を見直す声なども上がっており、制度そのものに不安が生じています。

このように、公的介護保険では賄えない分の備えとしては、貯蓄、または民間保険会社の介護保険に加入する等の選択肢が
あります。

 

新規会員登録はこちら


PEC・ORのこだわり



カスタマーレビュー

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

201712
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
20181
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 今日    定休日    キャンペーン